HOME >> 未来想建の注文住宅

未来想建の注文住宅

住まいづくり、家も体も自然体

ずっと探していたのは、シンプルだけど安心できる家

「より便利に、より快適に」を追求するあまり、住宅はシックハウス症候群という弊害を、生み出してしまいました。
現代の住宅の多くは、機械の力を借りることで、かろうじて住む人の健康を保っている状態なのです。私たちのずっと探していたのは、シンプルな考え方。
それは、家も人も自然体であること。
大がかりな換気設備がなくとも、健康に暮らせる安心の住まいです。
ハウスシックの法令

伝統的な家づくりの中にそのヒントがありました

WB工法
時代の流れとともに、家のつくりも変わってきました。
しかし、忘れてはいけないことがあります。
家は住む人の健康や財産を守るものであって、いれものではないということ。当たり前のようですが、理想なのは自然に寄り添うように暮らせる家。
日本風土に適応した伝統的な家づくりの中に、大切なヒントが見つかりました。それこそが大臣認定へとつながった、WB工法の技術です。

健康な家づくりに妥協の言葉はありません

通気遮断WB工法 室内環境分析結果
健康に暮らせる住まいの研究は、今日も続いています。
通気遮熱WB工法は、平成15年に改正建築基準法が施工される以前から、シックハウス問題に取り組んできました。
完成した住宅の室内ホルムアルデヒド濃度測定を始めたのは、平成12年のことです。
現在の建築基準法は、室内にホルムアルデヒドがないことを設計段階で数値比(入口規制)しています。
しかしWB工法は、住宅完成後のホルムアルデヒド濃度(出口規制)を基準にしています。
ご要望があれば室内を実測し、厚生労働省の指針値以下であることをご確認いただけます。
これは安心して暮らせるWB工法だからこその、安全性の証明です。
私たちは、これからも健康で安心して暮らせる住まいの研究を進めていきます。
家の健康を育む自然な空気の流れ
日本の風土には、特有の高い湿度と夏冬の温度差といった特徴があります。この過酷な環境の中で家の健康を維持するには、湿気による蒸れ腐れを解決しなければなりません。
WB工法は、木の呼吸(調湿能力)で余分な湿気をなくしました。
木そのものが家の湿度を調整して、夏冬問わずほぼ一定に保つことができます。
これは自然の恵みを最大限活かす日本建築ならではの機能です。
さらにWB工法では、自然な通気構造を組み込んで、家自身が呼吸しているような快適性を追求しました。結果的に蒸れ腐れの心配はなくなり、結露知らずの丈夫な家が実現したのです。
現代の住宅がめざす健康・高耐久・省エネのヒントは、日本の伝統的な家づくりの中にあったのです。
自然な通気を実現するカギ、透過するという発想

WB透湿高気密と従来窒息高気密の比較

WB透湿高気密と従来窒息高気密の比較
WB工法

WB工法の性能に収納をとりいれる

アルウッドプラス
通気と断熱が大きなポイントとなる『WB工法』に誰もが一度は直面する収納の悩みを解決してくれる大収納

アルウッドプラス収納
小窓があるので明るさも充分に確保できます。
敷地が小さくて満足に収納スペースがとれないかも。。
という方にはぜひオススメです!!


アルウッドプラス大収納
天井高が1メートル40センチであれば建築の床面積に参入されません。
用途に合わせて1階と2階の間  2階の一部に等に作る場所をお選びいただけます。


お問い合わせはこちら
ページトップへ
資料請求 お問い合わせは 詳しくはコチラ
新築施工一覧
リフォーム施工一覧
不動産情報

CONTENTS

  • 未来想建の注文の特徴
  • 完成までの流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • イベント情報
  • ゲストルーム
スタッフ紹介
スタッフBLOG
ごあいさつ「住まいづくり」とはお客様の夢や思いを形にするものであり、共に思い、考え、悩み、そして導く事ができればと常に考えています。