HOME >> よくある質問 >> 健康・防音・高齢者配慮リフォーム >> 健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?

健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?

内装材では、天然無垢材のフローリングや建具などがあります。

その他の木質建材では、ホルムアルデヒドに関する規制があり等級はF★★~F★★★★まで。
このうちF★★★★表示の材料は制限なく使えますが、F★★★までの材料は
換気の状況に応じて使用面積が制限されます。

畳では、備長炭入り、ひのきチップ入り、竹炭入りなどのものもあります。

壁材では、断熱性や調湿性に優れている、しっくい壁、けいそう土などの塗り壁材や調湿、
吸着機能のあるタイル建材などがあります。

また、壁紙ではEマーク、RALマーク、ISMマークなど安全規定を満たした壁紙につけられるマークがあり、
このマークのついたものはホルムアルデヒドなどの化学物質が低レベルに規制
されています。
ページトップへ
資料請求 お問い合わせは 詳しくはコチラ
新築施工一覧
リフォーム施工一覧
不動産情報

CONTENTS

  • 未来想建の注文の特徴
  • 完成までの流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • イベント情報
  • ゲストルーム
スタッフ紹介
スタッフBLOG
ごあいさつ「住まいづくり」とはお客様の夢や思いを形にするものであり、共に思い、考え、悩み、そして導く事ができればと常に考えています。