HOME >> よくある質問 >> 屋根・外装・エクステリア >> 屋根材の取り替えはどのくらいで行えばいいですか?

屋根材の取り替えはどのくらいで行えばいいですか?

材料により差はありますが、
10年~15年くらいたてば割れやずれなど点検して、葺き替えを検討したほうがいいでしょう。
その際は、下地材の状況により下地の貼り替えも必要です。

また、雨樋もあわせて点検し、補修・取替したほうがいいでしょう。
既存の屋根の状況によりますが、下地がしっかりしている場合は現状の屋根材の上から重ね葺きできる屋根材もあります。
ページトップへ
資料請求 お問い合わせは 詳しくはコチラ
新築施工一覧
リフォーム施工一覧
不動産情報

CONTENTS

  • 未来想建の注文の特徴
  • 完成までの流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • イベント情報
  • ゲストルーム
スタッフ紹介
スタッフBLOG
ごあいさつ「住まいづくり」とはお客様の夢や思いを形にするものであり、共に思い、考え、悩み、そして導く事ができればと常に考えています。