HOME >> よくある質問 >> 健康・防音・高齢者配慮リフォーム >> 高齢者に配慮したキッチンにするには?

高齢者に配慮したキッチンにするには?

まず、床は濡れても滑りにくく汚れにくい仕上げにします。
負担が無い様、クッション性のあるものもよいでしょう。

カウンターも足腰に負担がかからない高さのものを選び、安全に配慮し、立ち消えや
消し忘れに対する安全装置がついているガスコンロや、炎が出ないIHクッキングヒーターなら、尚安心です。

水栓はレバーが操作しやすく、湯温調節が容易なタイプのものがいいでしょう。
また、車イスやスツールに座ったままで台所仕事ができるニースペースタイプのキッチンを選んだり、
足元に床暖房、または足元温風機などを取付けるのもおすすめです。
ページトップへ
資料請求 お問い合わせは 詳しくはコチラ
新築施工一覧
リフォーム施工一覧
不動産情報

CONTENTS

  • 未来想建の注文の特徴
  • 完成までの流れ
  • よくある質問
  • お客様の声
  • イベント情報
  • ゲストルーム
スタッフ紹介
スタッフBLOG
ごあいさつ「住まいづくり」とはお客様の夢や思いを形にするものであり、共に思い、考え、悩み、そして導く事ができればと常に考えています。